インフォメーション

2022-07-17 02:40:00

良い運の種を蒔く人、悪運の種を蒔く人の違い 開運鑑定

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年7月中下旬からの開運鑑定会のお知らせ】

 

7月17日(日)~7月23日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

7月19日(火)~7月23日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、7月17日(日)~7月23日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

2022年7月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

皆さんは7月17日、18日の連休、いかがお過ごしですか。

福岡占いの館「宝琉館」では、いろんな悩みを持つ方々が訪れています。

 



「最近、どうも運が良くない。どうすれば運が良くなりますか」

「悪いことが重なって今は自分にはツキがないように思う。運が良くなるにはどうすれば良いですか」

最近、開運鑑定で同じような悩みを持つ人たちが相談に来ることが増えています。

事情をよく聞いてみると、いくつか悪いことが立て続けに起こると、潜在的に「運が悪い」と思い込むようになり、さらに悪いことが続けて起こるケースが多いですね。

 



たとえば、恋愛や仕事上の人間関係。

自分が正式な結婚しようと思っている異性と付き合っていながら、別の異性と浮気をしてトラブルが起こる。

すると、偶然、結婚しようと思っていた異性の不倫現場を見てしまい、両方とも破たんしたという例。

その後も、恋愛で挫折を繰り返し、途中でダメになるケースを繰り返す。

 



一方、仕事でも同じような運がない体験が重なることもあります。

途中まで商談がうまくまとまっていくのに、途中で何らかのトラブルが起こり、契約が取れない。その後も、新規の契約、商談をクロージングしようとしても、決まらない。

すると、何もかもがうまくいかないと思い込み、求職してしまうケース。

 



人間は不思議なことに、悪いことが自分の身の回りで何度も重なると、「自分は運が悪い」と思い込み、潜在意識にすり込まれていく。悪いことが重なるのは、何らかの因果関係があるのだと思い、ツキがない、運がないとの強い悲観的考え方が強まり、負のスパイラルに入って行く場合が多いですね。

一方で、人はラッキーなことが重なると、不思議に「自分は運が良い」「自分は幸運を呼び込める」「良い運を引き寄せている」と思い込むものです。

運命を見通して行くと、実は、ツキは平等に与えられている。

福岡占いの館「宝琉館」の占いスクールでは、「ツキは平等に与えられている」運命学の構造を深く追求して実占鑑定できるようにしています。

 



運の善し悪しは、年回り、月周り、日周りで人によって吉凶はあるわけですが、全体的に見ると、人によって運の良い時期ばかりがあるわけではなく、運が下がり、なかなか芽が出ない時期もあるのです。

「運が良い」と思う人、「運が悪い」と思う人の違いは何か。

「運が良い」と思う人は、良い運を得るための種まきをしています。

何か起こっている現象について、良い部分を評価し、感謝と謙虚で素直な捉え方をしていきます。

「縁起(えんぎ)を担ぐ」という表現もありますが、縁起を良くしようと、幸運を呼び込む運の種を蒔(ま)いて、とにかく楽しみながら努力をしています。

 



良い運を呼び込む種を蒔(ま)いていくと、運の種が芽吹き、いくつか成長し、花が咲いたり、実を結ぶようになる。

すると、「運が良い」と思える現象がいくつも重なり、「運が良い」と心から思えるようになります。

逆に、「運が悪い」と思い込んでいる人は、日頃から運が悪くなる種を蒔(ま)いている。

とくに不平不満、嫉妬、恨み、憎しみの増幅は、まさに悪運の種まき。

凶運を呼び込む悪い種は、芽が出て花が咲くと、強烈な破壊力があります。

 



「運が悪い」と思い込んでいる人が「運が良い」と思う体験をするには、本物の開運鑑定を受けるしかありません。

運が良い人になるか、悪い人になるかは、開運の種を蒔くことができるかどうかで決まります。

最終的には良い種を蒔いて、その種が芽を出し、花が咲き、実がなる。

 



そして、ミレーの「落ち葉拾い」の絵画のように、幸運を刈り取っていく。

福岡占いの館「宝琉館」では、その人に応じて開運に必要な「良い種」の蒔(ま)き方を具体的にアドバイスしていきます。

 



すべての人は、幸せになりたいと思うもの。不幸になりたいと思う人はいません。

運が悪いと思う人は、運が良くなるコツを知りましょう。

そして運が良い人は、ますます運がよくなっていく方法を知ると良いでしょう。

自分自身の生き方、価値観をちょっと変えていきながら自己覚醒していきながら良い運を獲得する幸福な人生を歩めるようにしていきましょう。

福岡占いの館「宝琉館」では、開運ポイントをしっかりアドバイスしていきますので、関心のある方々はご来館下さい。

 

 


 

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

良い運の種を蒔く人、悪運の種を蒔く人の違い 開運鑑定

2022-07-10 19:07:00

名前の不思議、赤ちゃんの名づけ・命名 姓名判断

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年7月中旬からの開運鑑定会のお知らせ】

 

7月10日(日)~7月16日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

7月12日(火)~7月16日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、7月10日(日)~7月16日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

2022年5月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

七夕で二十四節気の小暑(しょうしょ=今年は7月7日)を過ぎ、2022年も折り返し地点を通過しました。

 

7月10日には参議院選挙の投開票が行われ、体勢が判明します。

 

国政に尽力を注がれた安倍晋三元首相が非業の死を遂げられたこと、心からご冥福をお祈りいたします。

 

これからは、これまでにもまして、社会の荒波と対峙(たいじ)せざるを得ない時代の到来を予感させられます。

 

そのためにも、一人一人が社会の荒波を乗り越える開運法をしっかりと身につける必要があります。

 



二十四節気で大暑(7月23日)を迎える前、梅雨明けとなり、夏本番を思わせる天気です。

 

体調の調整、水分補給など、くれぐれも細心の注意を払って生活していきましょう。

 

 

日本人の姓名、中国人の姓名、韓国や北朝鮮の人々の姓名、それぞれ特徴があります。

中国は圧倒的に一文字の漢字による姓が多い。韓国、北朝鮮もそうです。

当然、例外はあり、二文字や三文字、四文字の姓もあります。

日本は姓が二文字、名が二文字が最も多く、姓が一文字だったり、三文字、四文字もありますね。

名も一文字だったり、三文字、四文字、五文字の人もいます。

 



では、日本人の名前では吉名が何であり、凶名は何か。

これだけネット情報が氾濫していると、何が正しく、何が間違いか素人ではわからなくなるのが一般的です。

漢字の画数を表記した文字通りに取るのか、漢字の元々の意味から取るのか。

五画と呼ばれる天画、人画、地画、外画、総画の吉凶をどう判断するのか。

 



それ以外の組み合わせの画数から社会運や家庭運などを見ることが正しいのか。

使っている漢字自体に歴史的な意味があり、それが吉か凶か、などなど。

赤ちゃんの名前をつけようと思っても、専門家でない限り、なかなか、いや、調べれば調べるほど、わからないことだらけになってくるはずです。

 



福岡で鑑定するようになって、さすがに福岡や佐賀、大分、熊本に多い姓の人がどんどん来館します。

とくに「古賀」「牟田」「松浦」「山下」「野中」「中村」「田中」などなど。

それぞれの名前には家系的な特徴があり、夫婦関係のパワーバランスが違う場合が多い。

 



とくにはっきりわかりやすいのは、男系か女系か。

男系とは、男性中心の家柄。分家した後にそれぞれの兄弟姉妹がここぞという時に結束する場合があります。

女系とは、女性中心の家柄。祖母、母、嫁が強くなる家系。女性が強く、男性が弱い。

それぞれの特性というか、クセが出やすいと見通せます。

男系か女系かで、どうすれば家系的に開運しやすいか、ポイントを見通すことができます。

当方では、日本の各流派を理解した上で、本当に正統な姓名のあり方を提供しています。

それには、やはり、漢字の成り立ち、日本に入ってきてからの使い方を理解した上で見ていく必要があります。

 



そのためには、漢字の本場、中国での考え方の基本を知ることが大切です。

中国では時代によって名前の流行が違っています。

中国では、文化大革命(1965~1975)が終わるまでは、中国人の名前は男女問わず、姓は一文字、名は二字がほとんどでした。毛沢東、周恩来、鄧小平、江沢民、胡錦濤。よく見れば、姓が一字、名が二字ですね。

文化大革命の後、一人っ子世代に入ると、名は一字の漢字を使ったものが流行。大半が一字です。

 



例外もたくさんあります。孫文、李鵬、江青、黄興、雷鋒などなど。

文革後、名が一字になるブームが定着したことで、同姓同名が氾濫。とくに李とか張とか王などメジャーな姓の場合、大学に入学しても同じ名前の学生が10人以上いるなんてことも珍しくないのです。

 



ですから、名前が一字の場合、若い世代の名前であることが想像できるわけで、外国人にとってみても、年齢を判断するのに非常に便利といえます。

少数民族では、元来、名字が二字、三字、四字というものも多くあり、しかも、発音を標準中国語に当てているだけ、というものも多いですね。

少数民族にとってみれば、本来の少数民族の言語で自分の姓名を表現することこそが誇りでしょうが、同化政策のため、どうしてもそうなってしまい、本音では非常に反発している部分があります。

 



それと、外国人にとっては、名を見ただけで男性か女性か判断することが非常に難しいケースが多いです。中国人にとってみれば、男性か女性か、すぐに判断できるものでも、外国人にとっては、峻別するまでには時間がかなりかかります。

中国では、当然、自分の姓の由来、そこから輩出した有名人など、よく知っています。

地方に行けば、家系図もしっかり残っていたりして、孔子の第60代目とか70代目とか相当な数がいます。

それだけ、姓に対して誇りを持つ人が多いという点では韓国とも相通じる世界です。

福岡占いの館「宝琉館」では赤ちゃんの名づけの依頼が多く、出産予定日の直前や1~5ヶ月前にご相談される方が多いですね。

ネット上は姓名判断 に対する情報が氾濫し、何をどう信じて良いか、結局わからないという声を多く聞きます。

 



当方では赤ちゃんの名づけの依頼が多く、天神や博多、六本松周辺だけでなく、福岡市内や福岡県内、佐賀、熊本、長崎、大分などから出産予定日の直前や1~5ヶ月前にご相談される方が多いです。

時々、出産して届け出一週間の期限直前に尋ねてこられることもあり、できるだけ早く、赤ちゃんの名づけをすることもあります。

 

 



ただ、やはり、赤ちゃんの名前は親が与える最高の贈り物ですので、じっくり考え抜いて授かった方が良いですね。

赤ちゃんの名づけでお困りの方、最高の吉祥名を授けたいと思っておられる方は「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」欄 あるいは福岡占いの館「宝琉館」 にお尋ね下さい。

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

名前の不思議、赤ちゃんの名づけ・命名 姓名判断

2022-07-03 03:25:00

人生の転換点をどう生き抜くか 接木運の対処法

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年7月からの開運鑑定会のお知らせ】

 

7月3日(日)~7月9日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

7月5日(火)~7月9日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、7月3日(日)~7月9日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

2022年5月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

 

7月になり、2022年も折り返し地点となりました。

 

日本は参議院選挙が告示され、選挙戦ですね。

 

これからは、これまでにもまして、社会の荒波と対峙(たいじ)せざるを得ない時代の到来を予感させられます。

 

そのためにも、一人一人が社会の荒波を乗り越える開運法をしっかりと身につける必要があります。


2022年の後半をどう生きるか――。

二十四節気で小暑(7月7日)、大暑(7月23日)を迎える前、梅雨明けとなり、夏本番を思わせる天気です。

晴れたかと思うと、大雨だったり、体調を整えることに配慮が必要な時期です。

新しい環境に慣れつつ、戸惑いも多く、魂の充実を求める時でもあります。

進学、就職そして転職してジワジワと緊張がほぐれ始める時期です。

若い人だけでなく、中年期に転職する人にとっては、自分の人生の大きな転機ですね。

 



本格的にスタートを切る上で「緊張と弛緩(しかん)、張りと緩みが不規則に訪れる助走期間の運勢」と言えるでしょう。

日本人にとっては1年の後半を過ごす上で指針となる何らかのライフコンパスを求めるものです。

これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。

 

 

人はだれでも幸福でありたいと願うもの。

古代中国の人々は果てしない大空を見上げ、一定の間隔で太陽と月が現れ、一定の間隔できらめく星座のもとに暦を作り、五行、十干、十二支を当てはめていきながら運勢や吉方位を察知しました。

 



私自身も、小学生時代、それまでずっと使わずにお小遣いで貯めたお金で天体望遠鏡を購入し、月や土星の環を見ながら天空の神秘に深く深く感動したものです。

時空を超越し、幾十星霜、古代から現代まで、無限に広がる宇宙への追究心は朽ちることはありません。ドンッ

相談者が占い師に何を目的に相談に来るか、欧米と日本では大きな違いがあります。

 



欧米の場合、自分の身に起こった出来事がなぜ、起こったのか、原因や理由を求めて占いの相談に来るケースが圧倒的に多い。しかも、カウンセリング制度が非常に発達していてカウンセリングの補助手段としてホロスコープを利用しています。あくまで潜在的な原因を探るための手段としてホロスコープがあるのです。

逆に日本では占いの相談は、「精神的に癒されたい」「行き詰まった虚脱感から解放されたい」「元気をもらいたい」という願望から依頼してくるケースが多い。ですから、日本でもホロスコープをベースに欧米の心理カウンセリングを利用しながら鑑定する方法が増えました。

 



ホロスコープという言葉の元来の意味は「星の見張り番」で古代ギリシャ語から来ています。

古代中国では、天空上で発生する出来事は地上でもそのまま反映されるという「天人相関説」が幅広く信じられてきました。つまり、マクロコスモス(天空)はミクロコスモス(個人の魂や地上の出来事)に呼応するという考え方です。これは西洋占星術、東洋占星術という枠を超えて、脈々と継承されてきました。西洋占星術と東洋占星術の共通点はそこにあります。

「運が強い」「運勢が強いね」などの表現があり、そう言われて喜んでいる人もいます。

 



しかし、運勢鑑定の実践では、必ずしも良い意味で使われることはありません。

四柱推命で言う身旺(みおう)、身弱(みじゃく)はその象徴です。

手相でいえば、マスカケ線の人は運が強い。しかし我も強い。

五黄土星の人も、あるいは五黄土星が中宮している時も、吉凶が激しく両極端に出るわけです。

「運が強い」ことが運が良いとは決して言えないし、強運や弱運をいかにうまく使って波に乗るか、の方が大切だということです。

 



「強い運勢」よりも、むしろ「バランスの整った運勢」こそが理想の形。

「バランスの整った運勢」とは、運勢の諸要素(金運、仕事運、恋愛運、人間関係など)に万遍なく、バランス良くエネルギーが行きわたり、それがうまく循環している状態の運勢のことです。

八字(四柱推命)では年柱、月柱、日柱、時柱の4つをそれぞれの干支で表し、その合計8つの五行の状態から、その人の運勢のバランスがわかります。

 



ただし、その時々の「流れている時間」との相性が加わりますので、どんなに先天的に五行のバランスが整っている「五気周流」の人でも、流れていく時間が、その形を変えていきます。

持って生まれた五行が先天的に整っている人は、実占鑑定でも一割も満たしません。

大半の人は五行のバランスを崩していて、整っている人も月日によって形が変わっていきます。

長い人生の中で、五行のバランスが整い、あらゆる要素にバランス良く作用してくれる状態の時期は非常に短期にあり、それを生かすか、スルーしてしまうかで大きく変わってしまいます。

 



ですから、その一瞬一瞬が大切であり、「天の時」を知ってどう行動するかが成敗を決めていきます。

人が生まれて生きていけるのは、運勢が生きていけるだけのバランスを保持しているからです。

運勢鑑定では肉体のバランス、精神のバランス、人間関係のバランス、そして肉親や配偶者、仕事、財運を含めた運勢自体のバランスなど、多角的に見ていく必要がありますね。

 



運勢には流れ(流年)があり、バランスが崩れていても、流れによっては整ってくる時(整運)もあります。逆に整った運勢でも、その流れによってはいつ崩れていく(破運))かわかりません。

ただ、不思議なことに人間を含め、すべての生物には、自らの命を守り、発展させようとする「自己保存本能」が備わっています。

肉体のバランスにどこか欠けた部分が生じても、どこかの機能がそれをカバーしようとし、見えない運勢そのもののバランスが崩れかけても、何かがそれを補おうとします。

 



運勢の節目である接木運が訪れるたびに運勢の旺衰も変化していきます。

季節の変化と同じようなもので、自分の性質に適している季節ならば「吉運」となり、適さない苦手な季節では「衰運」となります。

四柱推命で見ると、次の節目までの期間は最長で30年。運勢の植え替えでもある30年目の節目が接木運(せつぼくうん)です。

 



運勢は流れる水や飛ぶ鳥と同じで、落ちる時は加速力がついて速いですが、落ちたものを引き上げるにはそれ以上の力がないと浮上できません。

すべての人に共通して言えるのは、岐路に立った時こそ、悩む時でもあるのですが、「良い道を選択できるチャンス」が到来している時でもあります。

もし、選択を誤って遠回りすると、戻るための時間とエネルギーが必要となります。

 



吉を凶に転じて落ち込むよりも、凶を吉に戻す方が時間とエネルギーを消耗しますので、「下りるは易(やす)く、上がるは至難」です。

運命を切り開き、開運するには天の時、地の利、人の和で必要です。

ターニングポイントが、人によって多種多様。

いつごろ、自分らしい人生のために準備をし、学んだり、楽しんだりするか。

若さとバイタリティは、心のときめきと感動の涙の量に比例します。

占いに関心が高い九州、福岡でも若年期の生き方、中年期、更年期の生き方は大きく変わる場合が多いですね。

 



夢、ロマン、目標を持つために、人生の羅針盤(ライフコンパス)を運命学に凝縮させ、指針を探っていくと、大変役立つことが多いですね。

多くの方々の開運カウンセリングをしてきて実感するのは、運の良い人の人との縁の良さ、そして、くよくよ悩まず肝心なことを進めていく時間の使い方、切り替えの速さです。

人はそれぞれ、様々な悩みを持ち、その課題を打開しながら人生を乗り越えていこうとします。

 



自力ではどうすることもできない壁にぶち当たり、悩み苦しむことがありますね。

人によっては「自分は他人に頼ったことがない。自分のことは自分で決めてきた」という方もいます。

これは自力のみで生きてきたと思い込んでいるケースですね。

自力開運は非常に重要なことで、「最終決定は自分で決める」ことは大切です。

 



ですが、人は他人との関わりの中で生きています。人とのご縁を大切にするかどうか、これは自力と同じぐらい大切ですね。

これを無視して、すべて自分中心で人生を切り開いていこうとすると、必ず壁にぶち当たります。

いろんなトラブルを通して、自分が「生かされている」存在であることに気づくわけです。

逆に他力のみで依存していく人も問題です。

自分では何も判断できない、決めることができないタイプ。

 



大切なことは最終的に自分の考えで決めていくことが大切ですが、最後まで他人に依存する人もいますが、自分の失敗ですら、他人の責任にしてしまうことになりかねません。

重要なのは、自力と他力をうまく使い分け、融合してバランス良く人生を切り開いていく人が運の良い人だということです。

運勢鑑定をしていると、時々、本当に運の良い人が鑑定を受けに来ます。

「来年○月ごろ、南東に引っ越そうと思うのですが、良いでしょうか」

「今年○月ごろ、転職しようと思うのですが、吉日を教えて下さい」

「○○さんと結婚する予定ですが、結婚式の時期や相性を教えて下さい」

 



こんな質問をされた場合、本当に運の良い人は、自分が予定している事柄の日時がピッタリ、運が良い時期と重なるものです。これは不思議なほど、そうなっています。

これは、自分の最終判断が正しいかどうか、確認するために鑑定を受けられるケースです。

運命学は、そのために大変役に立つ学問です。

逆に、運が悪い人、何か課題や問題を抱えている人は、自分がやろうと予定している時期が運の良い時期や方向と重ならないことが多いです。

実際には、こちらのケースが多いわけです。

「時が満ちるのを待つ」ということも大切ですね。

そのためにどうすれば良いかを、その人に合った形でアドバイスするか。

運が悪い人を良くするのが開運を助けていくプロの占い師の仕事です。

 



凶運時に「改運」⇒「開運」する。

人によって、自力運が良い人、悪い人、他力運が良い人、悪い人、それぞれです。

細かいことになりますが、そのバランスの偏り方によって改運するためのアドバイスは違ってきます。

 

具体的にどうすれば開運するかは、ケースバイケースです。

実際に自分の運命をどう活かしていくか、開運の相談を受けたい場合は、福岡占いの館「宝琉館」に来館して下さい。

具体的な開運アドバイスをしていきます。
 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

人生の転換点をどう生き抜くか 接木運の対処法

2022-06-26 02:26:00

芭蕉の「不易流行」こそ易占の真骨頂 開運鑑定

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年6月中下旬からの開運鑑定会のお知らせ】

 

6月26日(日)~7月2日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

6月28日(火)~7月2日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、6月26日(日)~7月2日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

2022年5月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

夏至を過ぎ、紫陽花(あじさい)が梅雨に美しく咲く季節になりました。

 

易占を極めていくと、人の複雑な運命をいかにわかりやすくシンプルに「今」がどういう状況か、相談する方々へ伝えていくことに心血を注ぐことになります。

易占いの基本は「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われるように8×8=64の人生のシチュエーションを暗示する易経64卦にあり、それを、その人の事情に合わせて、わかりやすく説明していくことになります。

 



この作業と実に似ているのが俳句。

五七五というわずかな字数の中に一瞬から永遠につながるものを示唆させていく。

私の好きな俳句に松尾芭蕉の名句、不易流行を代表する次のような句があります。

 荒海や佐渡に横たふ天の川

海・陸・空と悠久不変の存在を対比して、かつてない、類まれなダイナミズムを創出したところがこの句の真骨頂だと思います。

 



 この句を私なりに中国語で表現して見ました。

 波涛望無辺 银河横越到 佐渡一色連

海・陸・空と悠久不変の存在を対比して、かつてない類まれなダイナミズムを創出したところがこの句の真骨頂だと思います。

当時としてはスケールの大きな斬新な句として高い評価を得た名句です。

 



不変のものから新しい俳諧の価値観を体現してみせたのは芭蕉の真骨頂というしかありません。

晩年の芭蕉はこれを「不易流行」と表現し、新しみを求めてたえず変化する流行性にこそ、永遠に変わることのない「不易」の本質があり、不易と流行とは根元において一つであり、それは風雅の誠に根ざすものだとする考え方を俳諧で提言しています。

この考え方は、実は易の考え方に根ざしていますね。

 



易は、変易(すべては変化する)、不易(不変の天地自然の理法がある)、簡易(複雑なものを簡単に説明する)が本質です。

変易ばかりを見ていても「解決」に結びつかなければ、仕方ありません。

やはり、必要なのは不易(天地自然の法則、不変の真理)です。

松尾芭蕉の不易流行を表した俳句「荒海や佐渡に横たふ天の川」は実に素晴らしい。

佐渡の荒海が激動の変化、不変の真理が「天ノ川」として見事に示されていますね。

 



人の運命を見て行くと、どうなるでしょうか。

「禍福(かふく)は糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)し」とは、より合わさった縄(なわ)を人生にたとえて、幸福と不幸は変転するものだという意味の故事成語です。

「禍福」とは、「不幸と幸福」「不運と幸運」「災いと幸い」という意味。

不幸を嘆いていると、いつの間にか幸福となり、幸福を喜んでいると、また不幸になる――。

まるで、それは「より合わせた縄のように表裏が交互にやってくる」ということを表しています。

 



「しめ縄」がそうですね。

二つの縄をより合わせる。運を開くために二つの縄をより合わせる。

締め切りの「しめ」もここから派生していて、「七五三(これで「しめ」と読む)」、「占(し)める」=「占う」に通じるのです。

 



「禍福は糾える縄の如し」のことわざは、物事が順調なときには油断しないように、おごる気持ちを戒め、また物事がうまくいかないときは、気持ちを前向きにする意味で使うことができます。

一喜一憂したり、くよくよしたりしても仕方がない、という気持ちの切り替え、油断をしない平常心が問われます。

 



似ている故事成語に「人間万事塞翁が馬」がありますね。

「人間万事塞翁が馬」の意味は「不幸や幸福は予測ができない。一つひとつの事象に一喜一憂するな」ということです。

中国古典の『淮南子』に書かれた故事が原典になっており、老人の馬が逃げたが別の馬を連れて帰ってきた。しかし老人の子供がその馬から落馬して足を折り、大けがをした。ところがそのおかげで兵役を逃れて命が助かった――。

 



そういう禍福が交互にやってくるというお話です。

お話の流れからすると「禍福は糾える縄の如し」と同じ意味のようですが、この逸話の教訓は「だから未来に起こる禍福は予測ができない」ということではありません。

塞翁(塞の国の老人)は実は易者だった。原典には、実はそう書いてあります。

その易の通り、禍福が運命に表れたということです。

易はその禍福を見事に予想する。

予想することで対処法がわかるというものです。

 



上り坂、下り坂、真坂(まさか)という坂があるのは世の常ですが、新型コロナウイルスの感染は日本人にとって未曾有の体験になりました。

ただ、やはり、仕事運、とくに適職、転職については、かなり悩んでおられる方が多いですね。

「禍福は糾える縄の如し」で、災い転じて福となるように、転職、適職、仕事運アップへの道をたどっていけるよう、アドバイスしていきます。

長年、開運のお手伝いをする運勢鑑定を続けて来て感じるのは、ここ20年、一貫して仕事運、適職運をみてほしいという人が多いことです。

景気の良し悪しにかかわらず、これは一貫しています。

 



自分にとって、一体、どんな仕事が一番向いているか。

人生の前半、実は、それを探す旅をしているようなところがあります。

人によっては、若い頃から、終始一貫、同じ仕事を職人のように極めていく人もいます。

一方で、職を転々とし、あらゆる職種を経験していく人もいますね。

転職を何度か行っていく人もいます。

自分の適職を見つけ出すまでは、だれもが暗中模索で先が見えない感じです。

 



長いトンネルをくぐってきた後、一筋の光明が差していくように、本当の適職を見つけ出した時こそ、その人の開運期と言えるでしょう。

その時期を生年月日による命学、手相などの相学、瞬間瞬間の状態を見る卜学で多角的に見ていくと、本当によく分かります。

逆に、どんなに天賦の才能を持っている人でも、その才能に合った適職に就かなかった場合、向いていない分野の職種に携わっている限り、本来持っている才能を全然発揮できません。

それが、人間関係による柵(しがら)みによるものなのか、職種自体が合っていないのか、ケースバイケースですが、いずれにしても、その時、その時で、職種にも出会いというものがあり、これは異性運と同じぐらい、いや、それ以上に大切な場合もあるわけです。

それに、本人の才能を引き出してくれる上司、恩師、師匠がいるかどうかが、さらに重要な場合が多い。

 



「心の免疫力」を得るには、しっかりとした睡眠を取り、その人にとって健康になるための楽しい食事を心がけ、よく笑うこと。夫婦、家族が支え合って生きること。そして、踏まれても、踏まれても生えていく雑草魂を培っていくことです。

具体的にどうすれば開運するかは、ケースバイケースです。

実際に自分の運命をどう活かしていくか、開運の相談を受けたい場合は、福岡占いの館「宝琉館」に来館して下さい。

具体的な開運アドバイスをしていきます。
 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

芭蕉の「不易流行」こそ易占の真骨頂 開運鑑定

2022-06-19 00:48:00

手相の直感線から見る五感の鋭さ 開運と豊かな霊性

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年6月中旬からの開運鑑定会のお知らせ】

 

6月12日(日)~6月18日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

6月14日(火)~6月18日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、6月12日(日)~6月18日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

2022年5月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

最近、五感の鋭さ、豊かさが人生を豊かにしたり、充実させる大きな鍵になることを鑑定で説明することが多くなりました。

 

五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5つ。

 



現代社会では、いじめやDV、虐待、パワハラ、セクハラなどが陰湿にエスカレートし、心の病になる人が急速に増えています。

心の病にならないようにするためにも、五感を良い意味で啓発することは大切です。

 



美しい風景を見たり、感動する音楽を聴いたり、良い香りを嗅いだり、美味しいものを食べたり、直接的に自然に触れたりする機会が増えれば増えるほど、五感は豊かになり、心が安定する。

ですから、そのために音楽や芸術、文化、スポーツなどはとても大切になるということです。

 



五感が豊かになれば、第六感(霊感)が非常に正確に鋭く働くようになります。

五感が不安定になると、人は悪いことだけが当たりやすくなる。

不思議ですね。

 

豊かな現代社会での生活をしていると、五感の能力が低下し、見えるものも見えない、聞こえる音も聞こえないほど、五感が鈍化している嘆かわしい状況に劣化してしまっています。本来、人間が持っている豊かな霊性が鈍ってしまっているのです。

 

 

▲鈴木大拙氏

スピリチャリティ(霊性)という言葉は、実は、鈴木大拙(たいせつ)という哲学者が戦時中に「日本精神」というやや軍国主義的な考え方に異を唱える形で最初に使った言葉です。私の易占の授業では鈴木大拙著「日本的霊性」を紹介し、その深い内容を説明することが多い。

 

 

金沢出身の鈴木大拙は英語が堪能で、鎌倉仏教、禅宗に精通していて、それを米国に渡って、戦後、全米各地で紹介した人です。

日本人の伝統的な職人たちが無意識のうちに繰り出していく伝統技術に日本的霊性の真骨頂があることを鈴木大拙は「日本的霊性」で見事に伝えています。

 

▲石川県金沢市内にある鈴木大拙館

直感と直観は違いがあります。

「直感」は、実際に何かがはっきりと見えているわけではなく、何となく肌で感じるといった触覚に類する認識のあり方。

「直観」の「観」は、何かを観(み)ること、すなわち、五感の中のとくに視覚です。心の目で物事の本質を見抜いて真実をはっきりと見て取るといった視覚に類する認識となります。

いずれも五感の一部ですね。

 



手相では直感線というものがあります。

月丘から水星丘へ弧を描いて伸びる線ですが、この線がくっきり刻まれている人は直感や洞察力が非常に鋭い人です。

 

他にも神秘十字線や仏眼(仏の眼)があれば、さらに直感や第六感が鋭くなるでしょう。

私が重視したいのは、直感や洞察力は鈍いよりは鋭い方が「場の雰囲気」や空気感を察知する能力は高いはずです。さらには、そこから、どう判断するのが最善か、見分ける力が俊敏に出てきます。

 



同時に知能線や感情線がどうなっているか、安定して冷静に見通せる知情意があるかどうかが、実はもっと大切です。

直感や霊感だけに頼る人は、その感覚だけに振り回されて、冷静に状況を判断し、分析する能力があるかというと、逆にない場合が多い。霊能者の問題点はここにあります。

直感や霊感は心の奥深くに入って行くための入口です。

感覚的に現状が良いか、悪いか。悪ければ、改善していかなければならないことはわかるのです。

 



それを知的に整理し、情の世界でも納得し、自分の現状を「習慣性」から変えていく力がないと、実際は開運できません。

具体的には、今までの悪い習慣性、生活上の繰り返しのクセを変えていく力があるかどうか、が大切です。

自分の長所がどこにあり、自分の短所がどの部分か。

 



長所を伸ばし、短所が出ないようにするために、今までの生活習慣をガラリと変える瞬間から「開運」の一歩は始まります。

この一歩が非常に大きいのです。

仕事運にしても、恋愛結婚運にしても、自分の持っている悪いクセを直し、長所が伸ばせて行ければ、人間関係も仕事運も恋愛結婚運も大きく上がっていくのです。

 



福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







手相の直感線から見る五感の鋭さ 開運と豊かな霊性

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...