スタッフ紹介

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)
館長

houryuu_3.jpg

深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)

福岡の占いの館「宝琉館」館長

スターフォーチュン代表鑑定士

fukagawahouryugreytesou003.jpg


波大学第一学群人文学類哲学科卒。専攻は深層心理学のカール・グスタフ・ユング。日本のユング研究の大家で同郷(福岡出身)だった湯浅泰雄教授に師事。東西両洋の哲学、運命や人生に深い関心をもち、高校・大学時代は学園祭でも占い鑑定を行い、分かりやすさで大好評。占いの世界に妙味を持つ。占いの本場中国・台湾を訪れることもしばしば。これまで全国の有名デパートなどで10万人以上の鑑定を行い、感謝の声を受け取ることも多い。


心ついた時から「自分は一体、何者なのか?」「人はどこから来てどこにいくのか?」「人生の目的は何か?」などについて、私はあれこれ考えてきました。そして、いろんな哲学書や人生指南書などに尋ね求めましたが、明確な回答はなかなか得られませんでした。小学生のころ、お小遣い2年分を貯めて天体望遠鏡を購入し、土星の環を見て感動し、天体観測に夢中になりました。小学6年でアマチュア無線の免許を取得し、国内各地や海外と無線で会話できる実体験に時空を超えて交流する喜び を感じる少年でもありました。

 

070.jpg


学生当時、宇宙や地球、人間の生き方との関わりについて興味を持ったことが占いの世界に入るきっかけです。古代中国では不動の天の北極こそ、世界を治める神の宝座と考え、古代中国の占星術では北極を中心とした天空図を基本に運勢を見ます。西洋占星術が地上に存在する自分自身を世界の中心として鑑定するのとはまったく対照的な考え方です。


かし、東西両洋の占星術で共通するのは、天空(マクロコスモス)に輝く星の配置や動きが個人の魂(ミクロコスモス)と対応し、その個人や集団、国家の運命に重大な影響を及ぼすという考え方では共通しています。ユングの共時性(シンクロニシティ)も同様の考え方で、「偶然は単なる偶然ではない」との観を深くしました。そんな中で、四柱推命や手相、易、姓名判断をはじめとする運命学の世界に出会い、非常に強い関心を持ったのです。

 

044.jpg


うして人によって運の良い人と悪い人がいるのか? なぜ家庭が不遇な人とそうでない人がいるのか? 能力があってもなくても、発揮できる人とできない人、とんとん拍子で出世できる人、その違いは一体何なのか? 高校生の頃、学園祭で「占いの館」を開催したところ、大好評でした。以来、これまで多くの人を鑑定してきましたが、不遇でもちょっとしたことで変われる人もいますし、本人の気持ちとか見方で変わってくる場合もあります。運勢鑑定の効果は、暗示の側面もあると思いますが、何よりも、運勢鑑定の結果、いろいろと気付かされたことによって、運勢が変わっていく(改運→開運)、好転していくことも多いものです。


事上、よく四柱推命や紫微斗推命など占いの本場・中国や台湾に赴くことがあります。そういった日本にない本場中国の占いのノウハウを交えて、皆様のお悩みや迷いなどの鑑定ご依頼にお答えしてまいります。

 

IMG_5843.jpg

 

 

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

fukagawahouryuu001.jpg

れまで運命鑑定に携わってきて、気づかされることは、人には運命の法則があるということです。人は父親、母親の愛情を受けて受胎し、十月十日、お母さんの母体で育ち、おギャーと生まれて成長し、ある人は配偶者を持って結婚し、ある人は独身のまま生き、最後は死んであの世、霊界に行きます。テレビ番組「オーラの泉」に出演している美輪明宏さんが、20年ほど前、仏教の日蓮宗関係のお坊さんの集まりで、こんなことを言っていました。「この世に誕生した人生の目的は死後、あの世の故郷に錦(にしき)を飾ることである」「そのために地上で何をするかということが大切」。これはお坊さんに向けての講話ですが、霊界があるという前提でどう人生を過ごすかと考えれば、それはそれで一つの考え方ではないかと思います。


だ、おギャーと生まれて死ぬまで、人の運命というものは変化していくことは間違いありません。まるで大きな山の頂上から川が流れて上り坂、下り坂、まさかという坂、曲がりくねった道を通り、大きな海に入っていくように、大きく変化していきます。美空ひばりさんが歌った「川の流れのように」をイメージされたらよいのではないでしょうか。それほど人の運命は変化していきます。では、人の運命とは何かを見ていくと、三つの要素から成り立っていると思います。

 

IMG_5853.jpg


一は、先祖からいただいてきた先天の徳のある、なし。植物で例えれば、植物の種が土に植えられる、その土壌の部分です。とても栄養豊かな土壌もあるでしょう。栄養分に偏りのある土壌もあるし、とてもやせた土壌もあります。やせた土壌に生まれ落ちたとしても落ち込む必要はありません。まず、この世に生まれたことがその人にとっては奇跡的なことですし、後天的にその土壌の部分を変えていくことは可能と考えるからです。 第二はその人がもっている運命、運勢の癖。父方、母方から注がれた生まれ持った個性、天賦の才能、能力とでも表現すべきものです。 第三は、その人の努力。努力を100%したつもりでも、結果が40%の人もいる、100%努力しても結果が60%の人、80%の人もいます。100%努力して結果が100%、120%、140%の人もいます。では、どうしてこれだけ、努力が同じでも結果が違ってくるのでしょうか。先天の徳、天賦の才能、運命の癖をよく理解していないから努力が十分に生かされず、結果が出ないためです。


運するには、先天の徳、天賦の才能と運勢の癖をよく知り、努力に生かすことです。まさにこの点をアドバイスするのが「開運ドクター」ともいえる占い鑑定士の仕事です。中国では孟子の考え方として、「天、地、人」の運命学があります。運命には「天の時(天運のある時かどうか=時が満たされているかどうか)」、「地の利(現実的に現状が条件を整えているかどうか)」、「人の和(人との関わり合いがうまくいっているかどうか)」の三才が重要であり、この三つがうまくバランスが取れた時、人は幸運をつかみ成功するということです。

fukagawahouryuu1.jpg

 

天地人の開運極意


子は「無用の用」ということを言っています。役に立ちそうにない物事が、実は有益であるという教えです。見かけは、到底、実益にかないそうにない、役に立ちそうに見えないことが、実はよく学んでみると大変有益であるという考え方です。これは東西両洋の運命学自体を指す内容ではないでしょうか。これまで哲学や占いは「実学」ではなく、まるで「虚学」のように蔑まれることもありました。運命学についても正当な学問体系としては認められないようなきらいもありましたが、私は「無用の 用」と見れば良いのではないかと思っています。


般的に中国の運命学では、運気の流れを60干支(かんし)の循環でとらえます。干支とは十干(じっかん)である甲乙丙丁戊己庚辛壬癸、十二支(じゅうにし)である子丑寅卯辰巳午羊申酉戌亥です。暦も60干支によるものです。季節や時を正確に知り得るのも暦のおかげです。 四柱推命や紫微斗数推命、算命学では、これらの60通り(10×12÷2=60)の組み合わせにより、年の運勢(年勢=年運)を鑑定していきます。九星気学は9サイクル、西洋占星術も12ハウスによる各星の運行サイクルで見ていきます。人間も春夏秋冬の四季の移り変わりと同様に固有の運勢サイクルが人それぞれに存在しています。


事に対しても、一生懸命に努力を重ねる姿勢は大切で素晴らしいことですが、その人固有の運勢サイクルに逆らって行動するよりも、運勢サイクルにピッタリ順応して行動する生き方こそ、「天」と「地」の間にうごめく運勢の波を縦横無尽に自在に操る「天地自由人」であり、無理が少なく自然(無為自然)ともいえます。人はそれぞれ個人によってオンリーワンの違った才能や運勢サイクルがあり、他人と自分の運気の吉凶比較は無理であり、比較されても意味がありません。たとえば、生年月日がほぼ同じ双子、三つ子、四つ子でも、手相を見れば、違いますし、生年月日時だけでは見えない運勢サイクルが手相の流年法を通して立体的に見えてきます。


ってくる運勢が吉運の時には積極的に一層の努力を重ねるよう心がけ、より多くの実りを収穫できるように配慮しましょう。巡ってくる運勢が凶運の時は、何事に対しても控え目で慎重に行動することを心がけることで充分に対応が可能です。「大難を小難に変える」とは、凶運時の注意点を謙虚に取り入れた者が常勝できる隠れたポイントでもあります。また、再び吉運の巡って来る時まで「自分磨き」を地道にコツコツ重ねながら気力と体力を充実・温存させておくことが大切です。 運勢の波に乗るためには、それぞれの運勢サイクルを充分に認識し、どう対処するか、未来の生き方や目的に対してどのように生かして展開するのか、が最も重要な課題です。東洋運勢学の根本ともいえる易では人生を64のシチュエーション(64卦)に分類し、細かくは384に分け、その時その時の対処法について懇切丁寧に示されています。自分の置かれた運勢の吉凶に一喜一憂することなく、吉祥運の時も、逆にたとえ大凶運に直面していた時も、その時にどう対処するか、熟知して行動していくことこそ、その人の真価が問われる「改運→開運」の要です。


して、自分の長所を貴んで伸ばし、短所が出ないように改善・努力することが本来の才能を開花させる近道であり、王道です。自分にとって「天」から与えられた本来の才能(天賦の才能)は何であり、「地」の事情の中で流されやすい悪習(生活習慣の中で出てくる悪癖や短所)は何であるかを知ることこそ、適職、結婚、人間関係作りに欠かすことの出来ない処世術でもあります。 人は人との出会いを通して運命を大きく変えていきます。東洋の運命学では「天」「地」「人」の重要性を説きます。すなわちツキのある時を知るという「天の時」、現実をふまえて自分の実力や才能、長短所を知るという「地の利」、より良い人間関係を作り上げる「人の和」の3つのバランス(「三才」)が重要だということです。


「天 ・地・人」という言葉は『孟子』の「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」や『易経』の解説書「説卦伝」に出てくる言葉です。「天の時と地の利を得て戦えば、常に勝利する」(孫子)もそうです。戦争の時、天候やタイミングが大切でも地形の良し悪しに勝ることはなく、地形が良くても兵士の心が一致団結していなければ勝てない(人の和が一番大切)という意味です。戦時、どのように軍を動かして敵に勝てるかという指揮官が兵に説く訓示としてチームワーク型勝利の法則を説いているのですが、集団だけでなく、人生の指揮官である個人にも通じる内容です。「天地人の運勢鑑定」ではこれらの総合的観点からお客様一人ひとりの運勢を丁寧に鑑定し、開運につながるようにアドバイスし続けてまいります。

 



吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)
開運鑑定士

019.jpg【開運鑑定士:宝琉館 福岡天神店】

◎ごあいさつ◎

2020年の立春を迎えました。

 

春が立つと書いて春のスタートを意味する立春は、二十四節気と言う中国で始まった暦の一番目にあたる季節です。

 

《今年こそ良い1年にしたい!》と願うあなたへ

 

あなたが生まれた大切な日から導き出す十干十二支に気学を融合させた2020年の吉方位(運気の良い方角)とエネルギースポットを的確にアドバイスします。

お引越しや吉方旅行はタイミングよく行動していくことで、波動が上がっていき運気UPに繋がりますよ。

 

今年も皆様にとって幸せな1年となりますように開運のお手伝いをさせていただきます。

 

私の使命は、光を当てる事、多くの皆様が自分自身をどんどん輝かせ、少しでも早く幸せと思えるきっかけをつかめるよう繋いでいくことに尽力いたします!


 8歳の頃より中国に渡り、勉学、仕事など現在までも合わせて25年以上の縁があります。


本場中国でもスピリチュアルに関してさまざまな体験をし、今日に至っています。

出演 : 毎週 毎週火曜、水曜、土曜
※予約占い鑑定を受け付けています。

 

026.jpg

―― 先生のモットーや座右の銘は何でしょうか ――
チャレンジ精神です。新しいことにチャレンジし、行動して行くことを私のモットーとし、「蒔かぬ種は生えぬ」です。
私の座右の銘は【人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)】。中国の昔から伝わる言葉です。不運というものはただ不運なのではなく幸運に変わることもあるんだよというお話しです。心が軽くなります。

―― 得意な鑑定は何でしょうか ――
主に九星気学を用いて、良い波動のある最大吉方を導き出し、恋愛の相性(相性の良いお相手の生まれ年も候補として幾つかお伝えします)や幸運をご自身で掴むための一番の近道を鑑定いたします。素敵な効果を是非、体感してみてくださいね。
また、姓名判断ではプチ改名や赤ちゃんの名づけ、命名なども承ります。

―― 占いについてご質問です。占いながら感じていることは何でしょうか ――
最近特に感じている事は、占いの結果を聞くこともさることながら、本当はご自身の胸に秘めている悩みが別にあって、そこを聞いてほしいのだということがわかりました。
そして鑑定が終わり、立ち上がる際に『来てよかった。ありがとう。』の言葉をよく頂戴いたします。
こちらこそ、針に穴を通すような確立のご縁で私の鑑定を受けて頂き感謝の気持ちがいっぱいです。

吉武舞補鑑定中



徳永蓉子(とくなが・ようこ)
開運鑑定士

●徳永蓉子(とくなが・ようこ)

【開運鑑定士:宝琉館 福岡天神店】

◎ごあいさつ◎

昨年は異常気象により多くの方々が被害にあわれました。

 

甚大な被害で、今もなお、復興支援を受けられておられる方々も多くいらっしゃいます。

 

皆様のご心身の回復を心よりお見舞い申し上げます。

 

2020年スタートしました。

 

昨年の冬至に易をたて2020年を占いました。

 

社会情勢、上半期は地風升でした。穏やかに徐々に好調になり順調にいきます。

 

が経済状況では、沢水困。ジリ貧状態が続きます。

 

困難の中での苦痛を味わいそうです。経済、物資、様々な物が欠乏欠品状態です。

 

半期になると地沢臨。また新しい物事に局面する時で様々な問題に取り組む展開になりそうです。やる気満々で気持ちが前を向くのですが災害対策をしましょう。という警告メッセージも含んでいます。

 

情報番組で取り上げていますように、今年は早い段階で自己防衛、災害対策、非常食の準備、ご家族での話し合いの必要性があると思います。

 

【備えあれば患いなし】 ですね。

 

占いという立場から述べさせて頂きました。

 

相談に来られる方々が、少しずつでも前に歩めるような、アドバイスを今年も致します。

出演 : 毎週木曜、金曜
※予約占い鑑定を受け付けています。

―― 先生の座右の銘は何でしょうか ――
「難がないのは無難な人生 難があるから有り難い人生」です。
人生は良い時もあれば悪い時もあります。「難」も決して無駄ではないと思っています。

―― 大切にしている言葉は何ですか ――
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」です。
未熟というのは大切なことですし、いつまでも学び続ける、成長し続ける生き方が好きです。「謙虚さ」も大切な言葉です。

―― 占いについてご質問です。占いながら感じていることは何でしょうか ――
人は必ず人生に迷い、悩み、選択を迫られる時があります。
その時に、その人の持っている宿命の星を説明してあげることで生きやすくなります。
「選択方法の一つとしてとらえていただければ」という思いで皆様に向き合っています。

―― 占い以外の趣味や関心事は何でしょうか。趣味や休日の過ごし方は? ――
早朝ウォーキングで40分ぐらい軽い運動をしています。
早朝の空気はさわやかで気持ちが良いです。
趣味ができる心の余裕と時間を持つ事が大切ですね。

徳永吉祥鑑定中

 

宝琉館スタッフで鑑定士の徳永吉祥(きさき)です。

毎日、福岡占いの館「宝琉館」ではいろいろな悩みを抱えた方々が鑑定に来館されます。

心理学の知識の観点から見ると、人間には求める心の中に7つの欲求・欲望が存在するそうです。

それは、生存欲、睡眠欲、怠惰欲、食欲、性欲、感楽欲、承認欲の7つです。

その中で現代社会で一番強いストレスとなっているのが「承認欲」。

親に愛されたい、恋人に愛されたい、自分を認めてほしい、仕事で出世して上司に認められたい、など、この切実な悩みは苦悩として現れます。

そのまま苦しみ続けるより、少しでも軽くなっていただける方向性とお知らせするのが私の役割だと思っています。

じっくりお話しを聞き、真剣に向かい合い、正直に伝える鑑定をいたします。

そして、私は、運勢の大きな流れ、宿命星、才能、さまざまな潜在的な可能性をアドバイスする方向指示器の役目を持っているつもりです。

最終的に判断し、決定するのは、お客様自身です。

あなたの人生はあなたのものだからです。

自分が決めなければならない重要な人生の選択肢がある時、運勢鑑定という方向指示器を通じて重大な英断をして、悔いなき充実した人生を送っていきましょう。

【徳永蓉子(とくなが・ようこ)鑑定士の鑑定曜日・鑑定アワー】

毎週木、金曜日(日曜は不定期) 午前11時~午後7時 福岡占いの館「宝琉館」天神店で直接鑑定を担当しています。



五行禮子(ごぎょう・のりこ)
開運鑑定士

宝琉館開運鑑定士 五行禮子(ごぎょう・のりこ)

【開運鑑定士:宝琉館 天神店】

◎春節のごあいさつ◎

2020年2月4日 立春を迎えて、新しい1年の始まりとなりました。

 

今年は庚子(かのえ・ね)の年です。鼠(ねずみ)年というのは、皆さん良くご存じだと思いますが、庚子(かのえ・ね)というのは、あまり聞きなれないかと思います。

 

庚(かのえ)は、十干の中で7番目で、「更新」「継続」「償う」と言う意味があります。

 

子(ね)は、12支の中の一番初めの陽の気に戻り鼠(ねずみ)を表し「増える」「滋る」と言う意味があります。革命的変化ではなく、今までやってきたことを引き継ぎながらも、新たに更新して、形ある物として確立して始めていく一年の運気が降ってきます。

 

この様な天の運気と、自分の生まれ持った運勢と自分の努力を重ね合わせて、鑑定に来て下さるお客様お一人お一人、一期一会の思いで鑑定させていただきます。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


占いを通して皆様とお目にかかれる事は私の学びです。


今年もたくさんの方々とお会いできる一期一会を楽しみに致しております。


そんな私の今年の目標は、今以上にいろいろな経験を積み、その中でたくさんの方々と出会い、また、それを学びとし、皆様にお返しできるような一年でありますよう日々、精進に努めていきたいと思います。



出演 : 毎週火曜、水曜、木曜、金曜(各曜日の午後3時以降の出演が多い)

gogyoureiko009.jpg

fukagawaairi002.jpg

―― 先生のモットーや座右の銘は何でしょうか ――
「和顔愛語」です。
出逢いを大切に、また、この小さな出逢いが大きな幸せにつながればとの願いからです。


―― 仕事や恋愛など得意な相談内容は何でしょうか ――
日々、鑑定を通して基本である陰陽をしっかり身につければ、どんなことでもうまく乗り越えていける……。
そんなことをお伝えしていきたいです。

 

IMG_0813.JPG



鎌田一花(かまた・いちか)
開運鑑定士

●鎌田一花(かまた・いちか)

開運鑑定士:宝琉館 福岡天神店】

◎ごあいさつ◎

2020年 2月4日 立春

新しいスタートです。

気持ちを新たに、今年もよろしくお願いします。

算命学の観点では、庚子(こうきんのね)つまり、(てつ)と(ねずみ)の年 行動,前進です。
不言実行の年です。

自分自身の目の前のことを、明確にして、白黒はっきりさせる年です。

そして、庚(こうきん)は、争いも意味しますので、短気な行動にも注意です。

暗いニュースが、多い中、鑑定に来られたお客様、ひとり、ひとりが、少しでも前にすすめるような、アドバイスが出来るよう、占いの勉強もいっそう積み重ねていきますが、一番大事な、自分自身の心の鍛練もしていきます。


私自身、占いをしている時、とても幸せを感じます。


十人の人がいれば十通りの「生き方」があり、十通りの「幸せ」があると思います。


じっと待っているだけでは、幸運は向こうからやってきません。


幸せを見つけるのに、遅いはありません。


今年はぜひ、私と一緒に占いで自分の「幸せ」の大きなヒントを見つけてみませんか。


お越しいただいた皆様と、良いご縁がありますよう、心より願っています。

 

どうぞ、鑑定にいらして下さい。

 

今年も、必ずお力になれると思います。



出演 : 毎週土曜(日曜、火曜、水曜の出演あり)
※予約占い鑑定を受け付けています。



―― 先生のモットーは何ですか ――
「なるだけ笑顔」です。

―― 大切にしている好きな言葉は何ですか ――
「出逢いは永遠の一瞬」です。いい出逢いを大切にしたいです。
鑑定に訪れるお客様一人ひとりとの出逢いに感謝します。

―― 占いについてご質問です。占いながら感じていることは何でしょうか ――
鑑定後に「背中を押してもらいました」「勇気と自信を持てました」との声を拝聴すると、さらに誠実な鑑定を心がけたいと思い、身の引き締まる思いです。
子どもたちも巣立ち、社会貢献のために占いに携わり続けたいと思っています。

―― 占い以外の趣味や関心事は何でしょうか。趣味や休日の過ごし方は? ――
庭に花を生けて咲かせるのが楽しみです。
京都の神社仏閣、とくに人混みが多いところではなく、山里深い寺院を訪れていくことが大好きです。

―― 最後にお客様にメッセージをお願いします ――
一緒に幸せを引き寄せましょう。

鎌田一花鑑定中