インフォメーション

2022-09-03 23:12:00

シンプルで読みやすい名前こそ吉祥名 赤ちゃんの名づけ

 

 

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年9月初旬からの開運鑑定会のお知らせ】

 

9月4日(日)~9月10日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

9月6日(火)~9月10日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、9月4日(日)~9月10日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

2022年9月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

9月になり、大型の台風が来る中、9月8日には二十四節気の白露を迎えます。

暦の上では、台風の通過のたびに秋が着実に到来していきます。

毎日のように呼び合い、だれもが持っている人の名前――。

日本の場合、皇室は苗字がありませんが、それ以外は苗字、名前があります。

時にはすぐ読めず、名づけの由来を聞き合うこともあるかもしれません。

人の名前は時代によって流行、廃りがあります。

でも、一貫して良い名前には原則、法則、ルールがあり、それを見失っての奇抜な名前は家運、国運を下げるのみ。

 



福岡占いの館「宝琉館」では、先日も出産を控えたご夫婦が数組、赤ちゃんの名前、名づけのことでご相談に来られました。

相談があった時、いつも、一貫してお伝えすることがあります。

本当に開運できる名前をつけていく方法、ルールをしっかり学び、最終的に赤ちゃんの名前をつける時は、信頼できる姓名判断の専門家に依頼するのが良いでしょう、ということです。

皆さんは、名前との関わり、名づけをどう考えますか。

 



日本の名づけの歴史をひもといてみると、大きな流れがありました。

最初は漢字の導入。

それまで日本には大和(やまと)言葉である、ひらがな、カタカナを開発しましたが、海外のものを表現、伝達する自前の文字がありませんでした。

3世紀の倭(日本)の女王とされる「卑弥呼(ひみこ)」という表記は、中国の歴史書「魏志倭人伝」に記録されたもので、漢語(中国語)。

大和言葉を書き記すために異国の文字を使ったので、そもそも無理があります。

 



日本語は、キラキラネームに限らず、「当て字」「当て読み」の宿命を背負っています。

だからと言って、やみくもに漢字を無理な読みをさせ、まるでなぞなぞのようにしてはいけません。言葉はある一定以上の遊び心はタブーです。

なぜなら、言葉は言霊(ことだま)だからです。

次の変化は平安時代。

9世紀初め、中国の唐の都、長安に憧れた嵯峨(さが)天皇が、名前を「唐風(からふう)」にしようと言い出します。アジアの最先端の文化、科学技術が結集する唐の文化を手本にしたい思いが強かったからです。

大まかに言えば、男性はよい意味を持つ漢字で2文字にする。

女性は「~子」にしましょうとのルールを定めました。

私たちがイメージする日本人らしい名前は、実は唐風です。

 



今でこそ、中国人の名前は苗字が一文字、名前は一文字あるいは二文字が圧倒的に多い。

江戸時代から明治時代に変わり、名前は1人に生涯一つ、と決められたことも大きな変化でした。

鎌倉、室町時代の武士の伝統で、元服までは幼名を使い、元服して正式な名前を使うことが伝統となりました。

江戸時代が終わり、明治、大正、昭和になっても、それまでは実名のほかにいくつも名前があったり、何度も変えたりしていたのは、その名残です。

そして戦後、国語施策によって大きな断層ができました。「当用漢字」の制定です。漢字を1850字に限り、画数の多い漢字は簡略化するなどカジュアル化されました。

 



いまは漢字の使用制限はほぼなくなっていますが、カジュアル化した漢字観で育った世代が親になり、戦後民主主義の個人の権利、自由の尊重を過度に拡大するあまり、伝統や常識に無視した名づけをするようになりました。

これが、1990年代半ばから目立ち始めたキラキラネームの背景です。キラキラネームは姓名判断の専門家から見ると、決して良い兆候ではないのです。

核家族化が進み、名づけに祖父母がかかわることもかなり減りました。

当館でも、祖父母が孫の名前を考えたいと依頼される場合がありますが、最終決定權は父母にあり、なかなか、祖父母の意見が名前に反映されることは少ないですね。

 



ベネッセコーポレーションが出産を控えた家族向け雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」を90年代に創刊し、やみくもに自由な名づけを後押ししたことが、日本の名前、家運、国運を決定的に下げる根源となりました。

私たちの暮らしから離れたところに、美しく正しい日本語があるわけではありません。名前も言葉である以上、時代とともに変化しますが、大凶の方向へ移行していくことは非常に憂うべき問題です。

キラキラネームとは、これまでの常識とは異なる奇をてらった漢字の読み方をしていて音と漢字に大きなズレがあり、字を見ただけではパッと読めない名前。

そこに刺激性を感じ、その衝撃が印象として残れば良いという見方が多い。

さらに、ふりがながあっても、どう読んでも自由という寛容性ゆえに読み方に違和感が残る名前です。

果たして、これが、日本の伝統的な名前、名づけと共通しているか。

私は否と思っています。

 



男の子、女の子で名前にも流行があり、何に重きを置くか、時代のトレンドのようなものがあります。

でも、時代がどんなに変わり、流行が激変しても、やはり、一貫して変わらない吉祥名(素晴らしい名前)の原則は厳然として存在します。

その吉祥名のルール、原則は、実にシンプルなものなのですが、時代の流行は、残酷なもので、それとは相反する名前が流行し、その家族、地域、民族、国家の運気自体まで下げてしまう悲劇も生じます。

逆にいえば、吉祥名のルールと共通する内容で名前の流行が出てくれば、その家族、地域、民族、国家は大いに栄えますし、家運、地域運、国運は上がっていきます。

 



二度目の赤ちゃんの名づけの依頼をされたお客様は、「日本人の赤ちゃんの名前に吉祥名が増えると、結果的に日本の国運自体が上がっていく」という話をしたことがとても印象に残って、再び、赤ちゃんの名づけを依頼したと言っておられました。

個人の運勢に興亡盛衰があるように、家族の運勢を見る家運も興亡盛衰があり、地域運もそうであり、国運も興亡盛衰があります。

なぜ、興隆していた運が急に衰退したり、没落したり、消えてなくなったりするか――。

それは運の波に乗るための基本的なルール、法則から外れてしまうためです。

姓名もそうです。

 



姓名判断をしていくと、その苗字の家系的な運勢、それにピッタリ合った名前を姓名判断の最低限の原則に従ってつけていく必要があるのですが、その一部を度外視してつけたり、無視したりすると、運が下がっていきます。

人の本音は、それぞれ違うところがあり、華々しい、外的に人目をひくイメージ先行の名前が良くて、その内面にある運勢などは二の次、三の次で良いという人もいます。

いやいや、決して華々しくなくて良い。地味で目立たない名前でも、長く使って行く中でじっくりと、その名前の良さが開花し、人生の後半に最終的花が咲けば良いと考える人もいます。

 



長い目で見た時、後者を選択する方が、結局、良いことは後で分かるのですが、人間というもの、目先のことばかりを気にする人は、それができません。

一時、キラキラネーム、DQN(ドキュン)ネームというものが流行りました。

易占の基本となる易、そしてそれを示す易経を見ると、易はシンプルなものを好む、とあります。

大変複雑なものを、いかに、わかりやすくシンプルにできるか。

一言で表せるか。

これは大切なことです。

名前の命名は、実はこれが最大のポイントです。

 



シンプルで分かりやすい、だれもが一言で分かってくれる名前。

これが本当の吉祥名です。

時代がグローバルになり、それが西洋的な名前になったり、世界的に有名な人物の名前の影響が出たりすることもあるわけですが、この大原則が外れないことは大切です。

もちろん、天画、人画、地画、外画、総画の五画が吉祥画数であること、天地人三才五行が良いことは最低限の原則であるとして、それ以外にも、名前の漢字の由来から見た吉凶も大切です。

 



それらを総合的に見通して、最終的な命名の決定をしていくことになります。

赤ちゃんの命名だけでなく、改名、芸能人やアイドルなどの源氏名、企業名、作品名なども基本がありますので、それをきちんとしたプロに依頼する方が、結局は最短で成功していく道となります。

本格的に吉祥名を選んでいこうとする場合、はやり、それなりの金額が必要です。

それを渋るも、決断して選ぶも、本人次第です。

 



数多くの赤ちゃんの命名をしてきた経験上、名付けをして、良かったと思うのは、皆さん、スクスクと育っていること。育てやすいということを言って下さることです。

やはり、名前というものの恩恵は非常に大きいことを名づけをする側も実感することが多いですね。

「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉がある通り、姓名は吉祥名を授かると、育ちがスムーズでトラブルをかかえることがなく、すんなりと成長していくことを実感するものです。

姓名判断、赤ちゃんの名づけ、命名、改名、芸能名、ペンネームなどで本当に良い名前が得たいという方は、ご依頼下さい。

赤ちゃんの名づけに関しては宝琉館の公式ホームページからご依頼下さい。

 

 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

 

 

 



9月が到来し、いよいよ夏から秋に変わっていきます。

関心のある方は、福岡占いの館「宝琉館」にご来館下さい。
 

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

シンプルで読みやすい名前こそ吉祥名 赤ちゃんの名づけ

2022-08-28 01:16:00

モテの第一歩、結婚のタイミング 相性占い

 

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年8月末、9月からの開運鑑定会のお知らせ】

 

8月28日(日)~9月3日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

8月30日(火)~9月3日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、8月28日(日)~9月3日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

2022年9月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

モテへの第一歩はズバリ・・?

一般的に“モテ期”とは、異性からアプローチされたり、ちやほやされる機会が増えることを言います。

だれにでも、人生で一度は訪れると言われるモテ期。

「私のモテ期は一体いつやって来るんだ…?」

そんな風に考えて、落ち込んだりすることもありますよね。

“モテたい”と考えるのは、人間であれば自然なこと。

 



しかし・・・

残念ながら、他人からのアプローチというものは、自分自身でコントロールできるものではありません。

コントロールできないことに時間を割くと、気づかないうちに運気を下げてしまったり、開運チャンスを逃すことにも繋がりかねません。

 



モテ期への第一歩。

それは、自分自身でコントロール可能なこと=「良い縁を得る影響の輪」に意識を向けて、人生を主体的に生きることだと考えます

「影響の輪」に意識を向けるというのは、すなわち“自分の人生をより良くするために行動する”ということ。

黙々とボランティア活動を行って陰徳を積んだり、自分磨きに時間やお金を使ったり新しいことにチャレンジしている人には、自然と人が集まり、新しいチャンスが舞い込んできやすくなるでしょう!


特に、


◆習い事や趣味など、新しいことをはじめた時


◆転職や引っ越しなど、大きな変化があった時


◆彼氏と別れたり、人間関係に変化が合った時

というのは、運気が大きく変化しやすく、♡モテチャンス♡にも恵まれやすいです。

 



鑑定して実感するのは、きれいに別れた時、次の新たなステキな出会いがあるということ。

きれいに別れていないと、次に付き合う人を元彼、元カノと比較し、うまく行かない壁を持ってしまう。

さらに運気高めるためには、「どのタイミングで意思決定するか?」が、非常に大切なポイントとなってきます。

あなたの勇気ある決断がより良い運気アップに繋がるためにも、宝琉館ではあなたの運気の流れを丁寧に鑑定していきますよ☆

『自分の決断の背中を押してほしい』という方は、
まずはお気軽に鑑定をお試しくださいね💓
▶︎https://houryu-kan.com/contact

今回の詳細はブログにもまとめていますので、
気になる方はぜひご覧ください!

 


結婚にベストなタイミングとは?

 



「今の彼と付き合ってもうすぐ3年。ずるずる付き合い続けるのもな〜と思いつつ、特に結婚をするキッカケもない。このままで本当に、私たち大丈夫?」

宝琉館でも、かなり多く寄せられるお悩みの一つが“結婚のタイミング”。

特に、同棲期間が長い場合や、遠距離恋愛の場合、職場環境の変化などがあると、なかなか結婚に踏み切ることができずに、タイミングを逃してしまうケースも珍しくありません💔

もちろん、本当にご縁がなかったケースもありますが、ふたりのライフスタイルや意見の食い違いによって望まない結果になることだけは避けたいところですよね。

 



そのためにも、ベストタイミングを考える前に大切なのは「自分はこれからどうしていきたいのか?」をお互いに考えて、一緒にすり合わせをしていくことです。

自分の考える将来と、相手の考える将来が一緒になることでよりよくなるのであれば、そこから始めて“どのタイミングで結婚するか?”を見極めることができます🌱

宝琉館では、全体的な運の流れを総合的に占った上で、あなた自身の結婚適齢期はもちろん☆彼のことも一緒により深く占うことが可能です。

恋愛結婚運が高まるのは、決して一度ではありません。

 



一度キリしかない!と考えてしまうと、視野が狭くなり、冷静な判断ができなくなってしまう可能性も。

本当に相性のいい相手であれば、運気も補い合うことができるのです。

基本的に結婚して5年、10年、20年立った時のイメージを持っていただきたい。

一緒にいて、ストレスを感じない。

一緒にいて和む。

そうであれば、一緒にいても、ストレスを貯めることなく、病気になることもないし、良い相性だということになります。

 



人によりピーク時期も異なるものなので、自分や相手の運気が上昇するタイミングを知っておくことも、安心して備えることができるかもしれませんね。

『結婚のベストタイミングが知りたい』

『結婚の前に、自分の将来を考えたい』という方は、ぜひ一度ご来店くださいね💓

 

 

また、詳細はブログにもまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください♡

 



相性のよさは、どうしたら分かる?

 



「付き合っても、いつも数ヶ月で破局してしまう」

「自分と本当に相性のいい人って、一体どんな人なんだろう?」

この人なら大丈夫!と思って付き合い始めたのに全然上手くいかない・・・なんてこともあれば、なんとなく付き合い始めたら「意外といい感じ!」なんてこともあったりしますよね。

結婚のパートナーに求める条件は人それぞれですが、ひとつ“相性のよさの基準”として大切なのは、《長年一緒にいてもストレスを感じない相手かどうか》ということ。

 



●自分に足りない部分を補ってくれる人か?


●自分の長所を理解してくれていて、一緒にいると伸び伸びいられるか?

ここを見極めてパートナーを選んでいくと、本当に相性のいい相手に出会える確率がグッと高まります。

どんなに尊敬する相手でも、一緒にいて自分が苦しくなるようではストレスがかかるし、どんなに一緒にいて楽しくても、自分が無理をして付き合っているようでは長くは続きません…

 



自分自身のことを大切にしている人には、自分を大切にしてくれる人が自然と寄ってくるもの。

まずはあなた自身が本来の素質や魅力に気づき、自分自身についての理解を深めていくことが本当の意味でのパートナーを見つけることに繋がります☆

宝琉館では、あなたの過去の恋愛傾向を踏まえて、《あなたの本来持つ素質》や《相性のいいタイプ》について多角的な視点でお伝えしていきます。

 



『自分に合う人ってどんな人だろう?』という方は、まずは気軽な気持ちでご来店くださいね💓
▶︎https://houryu-kan.com/contact

また、詳細はブログにもまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください♡

 

 

 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

 

 

 



9月が到来し、いよいよ夏から秋に変わっていきます。

関心のある方は、福岡占いの館「宝琉館」にご来館下さい。
 

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

モテの第一歩、結婚のタイミング 相性占い

2022-08-14 00:29:00

日本古来からの「運命論」に見る直感 陰陽師と武士道

 

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年8月からの開運鑑定会のお知らせ】

 

8月14日(日)~8月20日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

8月16日(火)~8月20日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、8月14日(日)~8月20日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

お盆となり、日本人は自分のふるさとの先祖との魂の交流を大切にする時期となりました。

この時期、関心を持ってもらいたいのが、日本の伝統的な占いのあり方です。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が放送されていることもあり、武士が隆盛した鎌倉時代、まるで平家物語のように興亡盛衰が激しい平家や源氏の運命に人生の悲哀すら感じることがありますね。

 



日本に中国から伝来した本格的な運命学、占いが浸透し始めたのは平安時代からです。

一部の貴族、そして、占いを専業とする陰陽師が、その核心を相続していました。

 



平安時代の安倍晴明など、陰陽師は有名ですね。

当時、光に生きる貴族と闇を支配する武士の権力構造は平家物語に象徴する「あわい」「驕り」「運」「命」「浄土」から浮き彫りになってきます。

 

 



貴族は日記をデータベースに未来がどうなるか、見通していました。

一方、武士は神の声を推し測る「意」を通して直感に近いものから未来を見通しました。

 



貴族社会でも直感を職能として持っていたのが陰陽師です。

「平家物語」第四巻には後白河法皇が占いをするシーンがあります。

占いの結果の解説を陰陽師に頼み、後白河法皇は陰陽師のところに行く使者に「きっと勘(かんがえ)させて、勘状(かんじょう)をとって参れ」と伝えます。

 



「かんがえる」という漢字が「勘」が使われているほど、五感を通した直感がきわめて大切だったのです。

「源氏物語」の桐壺の帖(じょう)でも「かんがふ」という行為は「占いをする」という意味で使われています。

日本では、元来、「考える」という行為は直感的な何かを用いて判断することだったのです。

 



「平家物語」の舞台である平安末期、貴族が陰陽師に頼るということが少なくなり、逆にその直感力を大いに発揮したのが武士でした。直感を働かせ、闇を支配し、光の貴族を駆逐していく。光と闇の交代劇が展開していきます。

日本人が「運命」を考え始めたのは、平安貴族の必読書だった「文選(もんせん)」という中国六朝時代に編纂された中国詩文集が絶大な影響を与えました。

「文選」には三命論と呼ばれる文章があります。班彪(はんびょう)の「王命論」、李康(りこう)の「運命論」、劉峻(りゅうしゅん)の「弁命論」です。

 



その中の「運命論」によると、運命は「運」「命」「時」の三つの側面があり、「運」は大きな流れ(運び)、「命」はその人が持って生まれた天命、「時」は流れゆく時間のうちの一瞬をしっかりつかみ取る力を言っています。

王朝、国の興亡盛衰には「運」が大きく関与し、盛運の時には名君が現れ、同時に忠賢の臣が現れ、王朝が替わる。「運」は天が定めるもので、人間の力ではどうすることもできないというのが李康の運命論です。

武士の深層心理に絶大な影響を与えた「平家物語」では人の善行と悪行によって「運」も変え得ると考えています。

さらには各人には定まった「命」があり、どんなに素晴らしい「命」を持って生まれても「時」をつかまえることがなければ、その天命は充分に機能しない。

 



平家物語では、平清盛の子どもたちが、その象徴的な例となります。

逆に「命」に恵まれなくても「時」をつかむことができれば「運」を変えることすらできる。それが源頼朝を初めとする源氏の武将たちとして描かれているのです。

これらの運命論は、まさに易経の運命論に直結していますね。

 



時は過去、現在、近未来、未来という時間軸の中で流れ、「今」という時中を直感的に取り出して、それを易経64卦384爻で象徴的に表し、その状況から近未来、未来への対処法を見出していく。

平安時代、鎌倉時代にも、易占の本質は生き続けていたことを見事に示す内容でした。

私たち日本人は、平安時代、鎌倉室町時代を経て、戦国時代、豊臣時代、江戸時代、明治、大正、昭和、平成、令和と生き続けてきました。

 



時代は変われど、運命の法則は変わりません。

その中で、自分の立ち位置をしっかりと熟知し、恋愛結婚についても、仕事運についても、目に見えない運命の法則からどう判断していくか、見通して行くことは大切です。

仕事や人間関係、恋愛、結婚、相性、金運、健康運など、人によって気になる側面は違います。福岡占いの館「宝琉館」ではそれらを深く掘り下げ、「運命」の流れの中で、どう判断するのがより良い選択かを見通して行きます。

お盆前後のこの時期、関心のある方はご来館下さい。

 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

 

 

 



8月が到来し、暑い夏、お盆も近づく中で、家族の深い交流、子どもたちの将来を見据える上でも、ご家族で一緒に占いの鑑定を受ける絶好の機会が到来です。

関心のある方は、福岡占いの館「宝琉館」にご来館下さい。
 

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

日本古来からの「運命論」に見る直感 陰陽師と武士道

2022-07-31 01:34:00

夏休み、家族で運勢を見つめ合う時期 手相で開運

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年8月からの開運鑑定会のお知らせ】

 

7月31日(日)~8月6日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

8月2日(火)~8月6日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、7月31日(日)~8月6日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

8月に入ります。

 

8月7日は二十四節気で立秋(りっしゅう)。

 

猛暑なのに、もう秋の入口になります。

 

 

今年は五黄土星中宮の年。

過去、振り返れば、1995年は五黄土星中宮の年で、地下鉄サリン事件が発生し、阪神淡路大震災が発生しています。

今年の後半、安倍元首相の銃撃事件が起こり、大地震や台風などの洪水被害など天変地異が気になります。

今年の世の中の雰囲気は、とても暗く、テロや天変地異が起こりやすい時期。

 



全体的に不安が人々の心に広がりやすいですが、人間万事塞翁が馬。

とても悪いことがあると、必ず、良いこともあるので、それを見つけ、探しに行きましょう。

福岡占いの館「宝琉館」には、時々、家族で占いの鑑定に来る占い大好きのご家族が来館されます。

 



一人だけで鑑定を受けに来るよりも、家族で鑑定を受けに来る方が、実に数段、運命が家族との関わりの中で家系的な運まで鮮明に見通せるので、大変役に立つことが多いですね。

家族にはそれぞれの先祖から願われる役割があり、夫婦、親、兄弟姉妹、孫など、その特徴や特性が手相や生年月日を通してリアルにわかるようになります。

 



手相を見ると、とくに親子、兄弟姉妹で手相の特徴が共通していたり、大きく違っていたりして、気づくことが多いはずです。

たとえば父親の左手の手相と息子の左手の手相がとても似ていたり、娘は右手がそっくりだったりすることがあります。

 



手相の場合、数代前から父方、母方で特徴が似ていたり、共通性が見られる場合が多い。

家系の流れの中で法則性が見られるのですが、市販で売られている西洋手相の書籍では、この部分はまったくといっていいほど、わかっていません。

 



西洋手相では、ほぼ、無視されている部分で、やはり、東洋手相を深く見通せないとわからない不思議な世界です。

夏休みは、家族で交流する機会が増え、手相や生年月日から、その特性に気づき、新しい発見をしていく貴重な機会です。

ご家族のそれぞれの運勢を見ることができて、それぞれの役割がわかり、開運のポイントを知ることができます。

手相は、右手と左手が似ている人と、まったく違うタイプの手相の人がいます。

 



家族で脈々と受け継がれていく運命に気づくことも多いでしょう。

手相の特殊な線や盛り上がりなどの意味がわかると、開運につながるはずです。

家族で占いの鑑定に行く事を通して、いろんな新鮮な気づきがあることでしょう。

 



8月が到来し、暑い夏、お盆も近づく中で、家族の深い交流、子どもたちの将来を見据える上でも、ご家族で一緒に占いの鑑定を受ける絶好の機会が到来です。

関心のある方は、福岡占いの館「宝琉館」にご来館下さい。
 

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

夏休み、家族で運勢を見つめ合う時期 手相で開運

2022-07-24 03:06:00

運の良い人 ラッキーな人の共通点 占いスクール「宝琉館」

 

 

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

「天地人の運勢鑑定」(リニューアル更新) を主宰している福岡占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」(六本松本館・天神店・博多マルイ店)では、手相、生年月日による四柱推命、算命、引っ越しなどの吉方位、風水、姓名判断、赤ちゃんの名づけを行っています。

 

 

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館はこちらここをクリック

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店はこちらここをクリック

 

 

 

宝琉館のFacebookページが新たにできました。占いスクールのホームページも新たに立ち上げました。

 

関心のある方はご閲覧下さい。

 

 

LINE友達追加で直接ご相談・ご予約←ここをクリック

 

 

 

 

 

【福岡占いの館「宝琉館」 2022年7月下旬からの開運鑑定会のお知らせ】

 

7月24日(日)~7月30日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

7月26日(火)~7月30日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館六本松本館では深川宝琉による開運鑑定会を行っています(毎週日曜、月曜は休館、深川宝琉は天神店で鑑定)。

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店では、7月24日(日)~7月30日(土)午前10時~午後9時、博多マルイ5階エスカレーター横で開運鑑定会 を開催しています。

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月以降が一体、どんな年になるのか。

 

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

 

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

 

 

 

 

2022年(令和4年)の運勢は一体どうなっているのか――。

 

ここでは、九星気学で見る2022年(令和4年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

さらに、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

 

 

 

 

 

 

 

 

7月23日は二十四節気の大暑(たいしょ)でした。

小中学校では夏休みが始まり、猛暑とコロナ感染拡大で体調管理に神経を使い、水分補給をこまめにしていく必要がある時期ですね。

 



福岡占いの館「宝琉館」では、占いに関心のある方々に占いスクールを開講していて、20代から70代まで幅広い年齢層の男女が熱心に受講に来ています。

宝琉館の占いスクールの魅力は、実占鑑定を重視するので、手相や易占、気学、姓名判断、中国風水、四柱推命を受講してから自分で占い師としてやっていくために天神店や博多マルイ店で占い鑑定ができる機会に恵まれている点です。

占いスクールで運命学を学ぶと、さすがに運が良くなかった人も、着実に運が上がり、運が良くなっていきます。

 



運を良くするために、どんな対処、改善法があるか、意識するようになりますし、運が良くなったことを体感するケースが多いですね。

最近、受講生の一人が「私の職場で一緒に働いている若手で、とても運の良い人がいるんです」と話していました。

その運の良い若手は、自分の住んでいる家の斜め隣の家が火事になったそうです。

最初にそれを気づいたのは本人。

深夜、寝ているときに、夢で自分の学校の恩師が出てきて、「近くが火事になっているからすぐに人を助けなさい」とうなされ、慌てて飛び起きたら、窓からうっすらと炎が見え、近所の家が火事になっていることに気づいたというのです。救出にいったら、ご老人が助けを求めていて、救出して人命が守られたとのこと。

他にも、たびたび、危機的な状況に直面しても、不思議と運が良いと思われるような体験ばかりしているというのです。

 



日本の易聖と呼ばれる易の達人である高島呑象(たかしまどんしょう)先生が易占で離為火(りいか)上爻(じょうこう)を得て、江戸に大火事が起こると予見し、江戸中の材木を購入して、実際に安政2年(1855年)の大火災・大地震が起きて、大もうけしたことがありました。

 



ある意味で、易占で地震や火災を予測するよりも、夢で火災を知り、人の命を救ったことは、とても大きいと思います。

易占を初級から上級まで学んでいる受講生たちは「占いの中で易占は最も高等でレベルの高い占術だと思う」と口を揃えていいます。

 



ところで、このところ、占いの相談内容が二分化していることが多くなりました。

仕事が大変になり、転職を余儀なくされて相談に来られるケースやビジネスが安定して資産運用のチャンスを見るために相談に来られるケースなど、二分化しています。

恋愛に関しても、コロナで連絡が取れにくくなり、直接会った時には別れ話となり、その後、音信不通になるケースや、今まではなかなか交流のきっかけがなかったのに思い切って勇気を出して告白し、付き合い始めてうまくいくケースなど、これも両極化しています。

 



かつて「恋愛偏差値」という言葉がドラマなどを通じて流行した時期がありました。

今や、コロナ禍で「恋愛偏差値」ではなく、「運命偏差値」「危機打開偏差値」「開運偏差値」が高いか低いか、大切になって来ています。

高学歴、一流企業に働いていれば、すべて安泰というような時代ではなくなりました。

コロナ禍で一寸先は闇とも言える時期だけに不安を抱きながらも、明るく、前向きに生きていきたい人が多いはずです。しかも、運が上がるための良い種を蒔(ま)いている。

 



コロナ再拡大の時期でも、不況、不景気はどこ吹く風、まったく関係なく、仕事も異性運も良い人はいるものです。

彼ら、彼女らは、決して高学歴、一部上場企業の社員などではありません。

不思議に運が良いし、人が集まってくる。モノが集まってくる。

「強運偏差値」「開運偏差値」が非常に高いですね。

 



常に運の勢いを感じるし、安定感があって不安感が微塵(みじん)もないのです。

運が良くなるポイント、見方、尺度が違うからそうなのでしょう。

 



逆に、高学歴で真面目で優秀な人でも、冴えない人生を送っている人もいます。

鑑定してみても、非常に真面目、几帳面。時間もしっかり守るし、律儀過ぎるぐらいです。

でも、自分の歩んできた人生に後悔があったり、恨みを持ったり、過去を呪うような部分がある場合が多い。

自ずと開運偏差値は低くなるのです。

7月下旬となり、今年後半を見通す占い鑑定を受け、来年に備え、準備してみませんか。

社会不安が広がる今こそ、「開運偏差値」を上げ、不況や動乱に左右されない強運を得ながら開運していく道を模索していきましょう。

 


 


福岡占いの館「宝琉館」では、それを手相や生年月日、易占、風水、姓名判断、家系の流れから深く洞察し、開運のポイントを見つけ出し、アドバイスしていきます。

今の自分に限界を感じ、迷っている人、何か一つ前進したいと思っている人は、少しだけの勇気を振り絞ってご来館下さい。

 

 

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 

さらに福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、仕事運、適職運、転職運など仕事系の占いだけでなく、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

 

関心のある方は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

 

 

 



「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。

 

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

 

 

赤ちゃんの名づけは、初回、33000円。二子目、三子目は26500円となります。大人の改名は33000円です。

 

当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは
宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


起業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件33000円です。

 

 

角川書店が出版する雑誌「パパママウォーカー2022」に福岡占いの館「宝琉館」が紹介されました。

 

以下のような記事内容です。赤ちゃんの名づけ、命名に関心がある方はお尋ねください。

 

 


 

 

■命名のポイント

 

 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする

 

 ●三才五行の流れが凶意がないものにする

 

 ●使用する漢字が凶意のないものにする

 

 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える

 

 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの

 

 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける

す。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

 


新しい一歩を踏み出したあなたが 良い運気を味方に、益々輝けますように。

 

店舗での直接鑑定も受け付け中! 気になった方は下記の連絡先、もしくは お申し込みフォームよりご予約ください。


┌─────────────────┐ 
 ▶︎HP新着情報
 ▶︎Instagram(ショートムービー投稿中) 

 ▶︎Facebook
 ▶︎博多マルイ店
 ▶︎六本木本館店

└─────────────────┘

 

 



まさに、今年のスタートである立春から占いを学び始めたいという強い深層心理が働いて、「推される」ケースが多いのです。

「占いはどの占術から学べば良いか、わからない」という人は多いです。

いろんな占術をマスターして、結局、どの占術が基本であり、すべての基礎になっているか、ベテラン占い師でないと、決してどの占術が重要か、きわめてわかりにくいもの。

 



東洋の占術、とくに中国の占術を学ぶ場合、結論として、すべての基礎となっているのは、易占です。

そして、日本の占術では、易と九星気学は表裏一体になります。易を深く学べば、九星気学は自ずと、深く学べます。

中国風水は、やはり、易が基礎となっています。

 



さらには、手相や姓名判断は必須。

手相も、西洋手相と東洋手相の両方をマスターする必要があります。

姓名判断は、赤ちゃんの名前を付けるレベルの本格的な姓名判断の受講が必要です。

 



占いの帝王と呼ばれる四柱推命、占いの女王と呼ばれる紫微斗数はマスターしないと、生年月日から占う運命を見通すことができません。

人によっては、ゴールデンウィークや初夏や梅雨の時期からスタートする人もいます。

学びの季節は、人によって違うものです。

学びの時が満ちている時に、最適なことをしていきましょう。

詳しくは福岡占いの館「宝琉館」占いスクールの情報をご覧下さい。



 

私が主宰する占いスクール「宝琉館」 では、この運命学の基礎の考え方を通して、占いを、運命学を学問として学んでいく開運スクールとなっています。

 

運命学の深遠な教えは一人一人の心の底を照隅していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。

 

初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」

関心のある方はご覧下さい。

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 

福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。







 

運の良い人 ラッキーな人の共通点 占いスクール「宝琉館」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...